ゴミと不用品はこうして処分

トラック専用寝具を不用品として捨てる方法

トラック専用寝具を不用品として捨てる方法 トラック専用寝具を不用品として捨てる時は、いくつかの注意点を守る必要があります。1つ目の注意点は、大きさを確認することです。
自治体のルールによっては、小さなサイズの寝具は燃えるゴミとして捨てることができる場合もあります。ただし決められた大きさを超える寝具は、回収してもらえないことが多いです。まずは自治体のホームページなどを確認して、どれぐらいの大きさのゴミなら燃えるゴミとして捨てることができるのか調べておくといいでしょう。

また、決められたサイズより大きい寝具でも、細かく切り分ければ燃えるゴミとして捨てられることもあります。燃えるゴミとして回収してもらいたいなら、小さなサイズに切り分けてゴミに出すといいでしょう。

2つ目の注意点は粗大ゴミとして出す時のルールを守ること 2つ目の注意点は粗大ゴミとして出す時のルールを守ることです。布団などの大きなサイズのゴミは、自治体に申し込みして粗大ゴミとして回収してもらうことができます。
各自治体によって細かいルールが設けられており、ルールを破ると回収してもらえない可能性もあります。例えば東京都港区では、一片の長さが30cm以上のものならば粗大ゴミとして出すことが可能です。申し込みは電話かインターネットですることができます。


インターネットの場合は専用サイトで仮申し込み インターネットの場合は専用サイトで仮申し込みした後、受付センターから届いたメールに書いてあるURLにアクセスし、本申し込みをします。申し込んだ後は有料ゴミ処理券取扱所で有料粗大ゴミ処理券を購入し、券を布団に貼って指定されている場所に出します。出す時間は収集日の午前8時までとなっているので、注意が必要です。それぞれの自治体によって申し込み方法やゴミの出し方が異なることもあるので、必ず確認しておきましょう。

3つ目の注意点は寝具の素材 3つ目の注意点は寝具の素材です。寝具に使われている素材によっては燃えるゴミとして出すことが出来ないこともあります。また、ばらばらに小さく切り分けようとしても、素材によっては固くて切ることができなかったり、切りにくかったりする場合もあるので、注意しましょう。

粗大ゴミとして出せないサイズの寝具 どうしても燃えるゴミとして出せなかったり、粗大ゴミとして出せないサイズの寝具は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。不用品回収業者は色々なサイズの寝具を回収してもうことができるので、切り分けにくい素材の寝具も安全にゴミとして出せます。トラック専用寝具を捨てる時は、こういった業者を利用することも検討してみてはいかがでしょうか。